FC2ブログ

UUFDiary

宇都宮大学Formula-SAEプロジェクト『UUFD』の活動記録です。

溶接講座に参加してきました

こんにちは

UUFD3年シャシー班の朝日です。

先月、11月17,18日にツインリング茂木ドリーム工房で行われた
本田技研工業株式会社マイスタークラブ様主催の溶接講座に参加してきました

17日は、午前中に溶接・治具に関する座学を受け
午後は、A~Dのチームに分かれてtig・ガス・半自動・アーク溶接・パイプの摺り合わせの実技練習を行いました。


IMG_3318.jpg

IMG_3319.jpg
上の写真では、アンダーカット(溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種)が起こってしまっています。

講師の方曰く、溶化棒の供給量が足りないから起きるらしいです

IMG_3320.jpg

IMG_3321.jpg

アルミ溶接は、ほとんどやっていませんでしたがなぜかうまくいきました。
おそらく、工房で使っている機械の性能がいいからでしょう


パイプの摺り合わせは、毎年フレーム製作でやっているにもかかわらず
下手でした



18日は、分かれたチームで実際に
事前に設計していた治具を製作して、パイプの溶接を行いました。



写真はありませんが
治具に関して、
・位置決めが精度良く行えない
・溶接による熱ひずみの方向に治具が立てられていない

溶接に関しては、自分の中ではなかなかのできでしたが
「もう少し、うまく出来たらいいな」というご指摘を受けました



ですがこれは、まだまだうまくなる余地があると言うことです。

また、自分は溶接をするときに
少しでも難しいところがあると焦ってしまって
落ち着いて溶接できないので

大学に戻ってからも練習を重ねていきます



マイスタークラブ様、この度は誠にありがとうございました。







スポンサーサイト