FC2ブログ

UUFDiary

宇都宮大学Formula-SAEプロジェクト『UUFD』の活動記録です。

年末に活動場所を大掃除

uufdの大石です。

12月27日・28日に弊チームの活動場所の大掃除をしました。
現在の活動場所は17年間使用していおり、過去の車両のパーツや書類も多くチームの歴史の長さを感じました。
また、弊チームのOPの方にも手伝って頂き荷物で場所を取られていた活動場所がとても広くなりました。
作業環境は作る車両にも反映されるので今後も活動場所の美化に努めようと思います。

前回の投稿から少し時間が空いてしまいましたが今後は定期更新していきます!

大掃除1

大掃除2
スポンサーサイト



近況報告

今回の担当は常にどこかに出かけたいと思っている1年の海老澤です。
夏休みは少しだけお休みをもらい、枕崎→稚内へ18きっぷで旅をしてきました。
日本も広くて面白いところだと改めて実感しました。
縦断の次は横断ですかね?

そんなことを考えていると、気が付けば夏休みも終わり
大学生になって7ヶ月が過ぎていました。
チーム内では、エアロ・冷却を担当することになりました。
日々勉強しながら設計を始めています。

11月17日には日産サポート講座を受けに横浜にある日産本社へ行ってきました。
講座では乗用車のエンジニアの方々の貴重なお話を聞くことができました。
今後の設計に活かすことのできる話が多かったので必死に話を聞いていました。
しっかり今回聞いた話を活かすことができるように勉強を続けて行きます。

設計、ドライビングなどまだまだなところが多いですが楽しみながら活動を続けていきます。

活動再開

こんにちは。
UUFDの坂(ばん)です。今年から活動に参加させてもらっている一年生です。

大学の定期テストが終わり夏休みになりました。
一年生は夏休みから本格的に活動します。
まだまだ知識、経験共に浅く戦力には慣れていませんが
これからに期待して暖かい目で見守っていただけるとありがたいです。

話が変わるのですが、つい先日までテストがあったので自分のテストの話をしようかと思います。
今回のテストは大学に入って最初のテストでした。
自分の中の大学のイメージでは入学するまでは大学生は暇でテストもそこまで難しくないものだと思っていました。
しかし入学したら見事に期待を裏切られました。
授業、課題は多く忙しい毎日 入学してすぐに想像していた大学生活が消え去りました。
テストもばらつきはあるにせよ難しいものは本当に難しかったです。(個人差有)
工学部の忙しさの片鱗を知れた前期でした。
恐らく夏はもっと忙しくなるのでしょう。

繋がりの無い文章失礼しました。

マネジメント講座に参加してきました

こんにちは UUFD3年朝日です。

先日、2月24日に本田技研工業株式会社様、並びにマイスタークラブ様
主催のマネジメント講座に参加してきました。

IMG_3972.jpg

午前は、Hondaの方の講話
芝浦工業大学・日本工業大学・東京農工大学さんのチーム事例紹介

午後は、グループ毎にディスカッションを行い
現在各チームが抱えている問題について共有し
それに対する意見を出し合い全体でシェアをしました。


IMG_3962.jpg

例年静的審査の得点が少ない弊チームとしては、
今回のマネジメント講座に参加して
他大学のチームの静的審査への取り組みを
知ることができ貴重な時間を過ごすことが出来ました。


本田技研工業株式会社様、並びにマイスタークラブ様
ありがとうございました。





溶接講座に参加してきました

こんにちは

UUFD3年シャシー班の朝日です。

先月、11月17,18日にツインリング茂木ドリーム工房で行われた
本田技研工業株式会社マイスタークラブ様主催の溶接講座に参加してきました

17日は、午前中に溶接・治具に関する座学を受け
午後は、A~Dのチームに分かれてtig・ガス・半自動・アーク溶接・パイプの摺り合わせの実技練習を行いました。


IMG_3318.jpg

IMG_3319.jpg
上の写真では、アンダーカット(溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種)が起こってしまっています。

講師の方曰く、溶化棒の供給量が足りないから起きるらしいです

IMG_3320.jpg

IMG_3321.jpg

アルミ溶接は、ほとんどやっていませんでしたがなぜかうまくいきました。
おそらく、工房で使っている機械の性能がいいからでしょう


パイプの摺り合わせは、毎年フレーム製作でやっているにもかかわらず
下手でした



18日は、分かれたチームで実際に
事前に設計していた治具を製作して、パイプの溶接を行いました。



写真はありませんが
治具に関して、
・位置決めが精度良く行えない
・溶接による熱ひずみの方向に治具が立てられていない

溶接に関しては、自分の中ではなかなかのできでしたが
「もう少し、うまく出来たらいいな」というご指摘を受けました



ですがこれは、まだまだうまくなる余地があると言うことです。

また、自分は溶接をするときに
少しでも難しいところがあると焦ってしまって
落ち着いて溶接できないので

大学に戻ってからも練習を重ねていきます



マイスタークラブ様、この度は誠にありがとうございました。